あそびの本セレクション > 福祉 [ 前のページ|次のページ|1|234567891011121314 ]

◆日本レクリエーション協会刊行・制作物

60-061

事例でなっとく!よく分かる福祉レクリエーションサービスマニュアル 1

『楽しさの追求を支える理論と支援の方法』

~理論に根ざした福祉レクリエーション支援の方法~

●A4判 ●86頁  ¥1,512(本体¥1,400)
●吉岡尚美(東海大学)、茅野宏明(武庫川女子大学)他著 ●日本レクリエーション協会刊行

福祉レクリエーション・ワーカーの新テキスト。 なぜ、この方にこの支援を行うのか。福祉レク支援の根拠となる理論や支援の考え方を、図表や現場の事例を豊富に活用して解説。明確な理由と目的をもって支援を行い、説明責任を果たせる福祉レクワーカーの必読書。 2013年3月発行。

60-062

事例でなっとく!よく分かる福祉レクリエーション・サービス実施マニュアル 2

『楽しさの追求を支えるサービスの企画と実施』

~根拠をもったプログラムや行事の計画立案や運営の方法~

●A4判 ●146頁  ¥1,836(本体¥1,700)
●マーレー寛子(子羊会デイサービスセンター施設長)、滝口真(西九州大学)他著 ●日本レクリーション協会 刊行

福祉レクリエーション・ワーカー養成新テキスト。 ひとりひとりの利用者のニーズを受け止め、支援の現場の環境を最大限に活かし、根拠と見通しを持って支援するために不可欠なプランニングの力が身に付きます。現場目線の実践のヒント満載! 2013年3月発行。

60-063

事例でなっとく!よく分かる福祉レクリエーション・サービス実施マニュアル 3

『楽しさの追求を支えるための介入技術』

~見通しと根拠をもって個人やグループを支える方法~

●A4判 ●142頁  ¥1,836(本体¥1,700)
●小池和幸(仙台大学)、池良弘(日本福祉医療専門学校)他著 ●日本レクリーション協会 刊行

福祉レクリエーション・ワーカー養成新テキスト。 1回1回の福祉レクサービスの機会での、対象者との関わりの方法(介入方法)を紹介。レク活動を用いて個人に直接支えたり、小集団を介して個人を支えるための介入技術とあわせてレク活動のアレンジ方法を紹介! 2013年3月発行。

60-239

レクリエーションガイドブック39

『心の力を育む魔法のコツとお勧めメニュー 30+9』

●A4判 ●80頁  ¥1,296(本体¥1,200)
●日本レクリエーション協会刊行

子育て支援や子どもの居場所、介護予防教室、介護施設等の現場で実際に効果をあげているレク活動の展開方法などを見やすく掲載。  また、子どもたちや高齢者が意欲を高め、喜びを得やすいレク活動の進め方やレク活動で得た喜びが心の力への昇華するように関わる方法、段階設定のポイントや適した言葉がけのポイントなどを取りまとめています。また、実例として、導入や締め方の言葉がけの実際、ちょい技なども紹介しています。 2011年2月発行。
※ISBNコードの訂正について こちらの書籍のISBNコードが間違っておりました。 下記の通り訂正させていただきます。 誤:ISBN4-931180-87-1 正:ISBN978-4-931180-87-1

63-149

月刊レクルー 特別増刊 49号

『高齢者いきいきあそび集 第8集』

座って楽しむレクリエーション 歌体操・ストレッチ・あそび?みんなで楽しめるプログラム70選?

●A4判 ●80頁  ¥1,296(本体¥1,200)
●日本レクリエーション協会刊行

からだとこころの両面で効果が得やすい、歌体操とあそびのレパートリーを豊富に掲載。 「体操→あそび」といった一般的なプログラムの流れにあわせ、「体操」の中には、「歌体操」「用具を用いた体操」「ストレッチ体操」といった簡単に楽しめる体操を掲載。 「あそび」のページには、13の素材で楽しめる遊びを集約し、最後に「あそびに使えるクラフトグッズ」と称し用具を用いた体操なのでも使えるグッズの作り方を掲載しています。 2011年2月発行。

60-237

レクリエーションガイドブック37

『介護を彩る 手遊び・散歩』

●A5変形判 ●80頁  ¥756(本体¥700)
●日本レクリエーション協会 刊行

介護のさまざまな現場で活用されている「手遊び」「散歩」。 この2つの活動を通じて、介護を彩る視点と、その展開方法を紹介しています。
身体機能の維持・向上だけにとどまらず、一人一人の「生きがい」や「人生の豊かさ」に結びつくような介護を目指してみませんか。日頃、介護業務に追われている日と、または、いつもの介護に行き詰まりを感じ始めた人がいたら、本書を参考に、彩りある介護に取り組んでみてはいかがでしょうか。2008年10月発行。

63-145

月刊REC特別増刊45号

『毎日がごきげん!わくわく人生を楽しむクラフト』

●A4判 ●96頁  ¥1,944(本体¥1,800)
●兼松ムツミ 著 ●日本レクリエーション協会 刊行

本書は、クラフトの楽しさを視覚で、文章を読み込まなくても絵をおいかけているだけでつくり方がわかるようになっている。ブックカバー、どんぐりのペンダント、フェルトのブローチなど、「暮らしを楽しむ」「時折々を感じる」「素材を遊ぶ」の3つの章に分け、毎日の生活を楽しんで過ごすためのスパイスになるクラフトを紹介。自分流にアレンジして、自分のライフスタイルをより豊かに彩り、充実した毎日を過ごすのに役立てられる。2007年2月発行。

60-218

レクリエーションガイドブック18

『すべての人に楽しみをとどける』

~福祉レクリエーション・ワーカー活動事例集~

●A5変形判 ●80頁  ¥756(本体¥700)
●日本レクリエーション協会刊行

福祉レクリエーション・ワーカーの活動事例集。デイサービス・老人ホーム・心身障害者通所施設などの現場で活躍している12人の福祉レクリエーション・ワーカーの実践を紹介している。1997年10月発行。

61-010

高齢障害者のためのグループレクリエーション

『楽しいゲーム204』

●A5判 ●448頁  ¥2,808(本体¥2,600)
●三瓶あづさ 著 ●日本レクリエーション協会刊行

老人専門病院のスタッフが現場の実践から作り出した204種類ものゲームを集大成したゲーム集。体を動かすゲーム、頭を使うゲーム、季節のゲームなどの多彩な内容で、ゲームを楽しめる対象者のレベルも明示している。1996年6月初版発行。

61-011

『共に遊べる球技を創る』

~福祉レクリエーション財を工夫する~

●A5判 ●128頁  ¥1,296(本体¥1,200)
●竹内啓也著 ●日本レクリエーション協会刊行

従来スポーツを体験する機会のなかった方たちにも、健常者にも共に楽しんでもらえるような新たな創作球技(本書では共遊球技と称している)を独自に考案、紹介している。1996年9月発行。

あそびの本セレクション > 福祉 [ 前のページ|次のページ|1|234567891011121314 ]